収益物件を初めて購入する│区分買いとマンション1棟買いの違い

収益物件とサブリース契約

積み木

マンションなどの収益物件を購入した後に、うまく借主がつくかといったことや、空室が出てローンの支払いが厳しくなったりしないかといった点で心配してしまう方も少なくありません。そうした場合のために、多くの不動産会社ではサブリースを請け負っています。
サブリースとはいわゆる又貸しの事で、貸主から不動産会社が空き室を借り上げ、不動産会社が借主を探してくれるサービスのことです。サブリースの賃料は家賃をベースに一定の割合で決められ、家賃保証として貸主に支払われます。このサブリースは通常、収益物件を購入した際にセットで契約をしてもらうという不動産会社が多いです。しかし既存物件に対応してくれるサブリース会社も少なくはありません。その場合はリフォームやリノベーションなどを前提にされたり、通常のサブリースよりも保証期間が短く設定されたりしてしまう可能性もあります。収益物件を購入される際は、後々サブリースの契約に対応してくれるかどうか、また後々サブリースの契約を結ぶ際の条件はどういったものかといったところなども確認しておくと、もしもの時にも安心できます。サブリースは最高で30年といった長期保証にも対応しています。入ったらそのままというわけではなく、数年で契約更新の確認があるため、家賃の引き下げの際などにも保証料に影響が出ることがあります。建物というものは築年数によって劣化していくものですので仕方がないこととはなりますが、事前に把握しておくと対策などにも役立つでしょう。