収益物件を初めて購入する│区分買いとマンション1棟買いの違い

リロケーションという活用

スーツの人

収益物件の空室を埋めるための方法として、借主を募集する以外にも方法はいくつかあります。リロケーションもその中のサービスの1つです。リロケーションとは転勤などの顧客向けに一定期間だけ貸し出すといったサービスです。収益物件における空き家活用の1つともいえます。昔は賃貸借契約の根拠法になる借地借家法は借主保護の性質が強く、一時期だけ家を貸したいニーズに対して、法整備がされていませんでした。しかし、2000年からは、定期借家契約と呼ばれる期間を限定した賃貸借契約が可能になりました。この定期借家契約ができたおかげで、リロケーションのニーズも年々高まってきています。定期借家契約には期間の定めがなく、借主と合意した契約期間なら自由となっています。ただし、あまり短い期間では借主も入退去の費用負担が大きいため、収益を考えるのであれば最低でも半年から数年の契約が主になるでしょう。このリロケーションによって部屋を貸し出す大きなメリットとしては、管理会社に空き家の管理を頼まなくても、入居者が生活上の管理を行ってくれるところにあります。このリロケーションで使う定期借家契約は、契約期間が終わると基本的に契約終了となり借主は退去する必要が出ます。しかし貸主と借主の間で合意があれば、再契約を行うことで継続して住むことができるようになっています。一般的には定期借家契約の家賃は通常の借家契約より安く設定されていますが、通常の借家契約とは違ってしまうため、入居者確保のためだと割り切る方がいいでしょう。