収益物件を初めて購入する│区分買いとマンション1棟買いの違い

民泊としての収益物件

つみき

不動産投資は収益物件を購入して、購入した収益物件を借主に入居してもらうことによって安定した利益をあげていくといった方法が一般的です。しかし中には、さらにリスクを下げて収益物件を運用する方法があります。その方法は、借り手がいない賃貸物件を旅行者へ宿泊施設として提供すると言った方法です。海外ではこの方法が広く浸透していて、airbnbという宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトがあります。最近はこの日本版airbnbのようなインターネットサイトもできていて、今まさにニーズが広がりつつある不動産投資の方法だといえます。また、airbnbの場合は必ずしも収益物件を購入する必要はありません。賃貸しているマンションの1室などでも、airbnbで貸し出すことができます。こうした1室を貸し出すといった方法は海外からの旅行客だけではなく、短期の出張などが必要になった会社員などにも需要が期待できます。しかしながら、この方法を利用するためには賃貸人に「又貸し」の承諾を摂る必要などがあります。また、本来は許可なしで宿泊施設を営業するのは旅館業法に違反してしまいます。しかし、国家戦略特別区域法というものが制定されようとしています。この法案はいまよりもっと多くの外国人旅行者を招く事を目的に、条件付きで旅館業法の縛りをなくすといったものです。条件をクリアした部屋であれば法律も気にすることなく貸し出せるようになるため、民泊としての収益物件の利用も検討してみてはいかがでしょうか。